FXチャート分析情報・基本知識《損切りしておけば…》 ♯17

《ドル円・30分足》
ドル円30分17.jpg

《ドル円・5分足》
ドル円5分足.jpg

押し目をつけて下げていました。
ついに106.780の底値更新をしてきました。修正のため現在上昇をしていますが、
まだ下落の余地ありだと思います。106.000を目指すのか??
エリオット波動の修正派5派はまだ続いているきもしますが、一度円高更新したので、上昇していく事も考えられますが、
ファンダメンタル的にも政治的にも政治的にもネガティブな要素が有りそうなので下落は続きそうな予想はしています。
変なタイミングでのトレードは注意して行きましょう。




基本知識《損切りしとけば・・・後悔先に立たず》

前の項目で解説した通り、利益は確定しても、なるべく伸ばすのもアリです。
損切りはそうは行かないです。FXではたった一度の失敗が、致命傷になりかねないです。

一度の取引で損失は最大でも資金の10%以内に収めるように設定しましょう。
最も重要なのは「いくらまで損失なら耐えられるか」という自分の許容額なので、
損切り幅はいくら小さくしてもかまいません。

損を取り返そうとして感情的にならないこと
相場は一本調子で動くのではなく、変動しながら動きます。上昇トレンドも小刻みに上がったり下がったり、
ジグザグを描きながら上昇していきます。
小さな損失幅で損切りしていると、上昇途中のわずかな下落に引っかかって取れるはずの利益が取れなくなってしまうことがあります。
ですが、損切りは小さいので次回挽回のチャンスは多いにあります。

これに対して、「損切りしておけばよかった」と悔やんだ時は、既に取り返しのつかない損失が出でいます。
自分の負けを認める事は簡単な事ではありませんが、感情的になってトレードしてしますと冷静さを失って上手くいくことも
上手くいかなくなるので、マイルールは決めて行きましょう。

次回為替相場はなぜ動くのか?