FXチャート分析情報・基本知識《》♯19

《ドル円・45分足》
ドル円45分足19.jpg

日本時間の15:30を天井に下落してきました。
やはり、ロンドン時間が値動きが激しくなりますね。
夕方に配信予定でしたが予定がずれてしまいました。

現状おしめをつけている段階かもしれませんが一度下落ありそう予感はしています。
108.000付近でレンジを形成している。
1分足では修正波が形成している感じがあります。
予測としては107.400付近まで落ちていくのでは予想しています。フィボナッチの半値戻し
しかし上昇傾向は強いので注意しながら観察していきます。
また、大きな下落チャネルを抜けてきました。

トレンド転換したのかな??独り言です。

《ポンド円・45分足》
ポンド円45分足19.jpg

137.100付近をサポートラインとして抵抗していましたが一度抜けました。
15分などは大きな上髭をつけてました。
日本時間16:15分を天井に下落していきました。
現在も下落が続いています。
下落転換のポイントタイミングがとても重要になります。
FXで利益を取ってる人は取れるところまで待ち続けることが出来る人です。
僕も最初は我慢できず、ポジポジ病になっていました。経験しないとわからないですね。
自分自身が確信をも持てるポイントで勝負する事がとても大切です。

基本知識《活発になる時間帯》

FXでは24時間取引が可能ですが、時間帯の傾向をつかむことがとても大切です。
朝7時ごろから始まる東京時間は、日本などの経済指標が発表される8時台か9時ころから取引が活発になります。
夕方にはロンドン、夜にはロンドンが始まります。
重要なのは各市場のオープンやクローズ、市場の切り替わりが重なる時間帯は
流れの変化(トレンド転換)やトレンドの加速などがあります。
輸出入企業の決済が増える5日.10日などの「ごとおび」や、週、月、四半期、年、年度初めや終わりも変動の対象になります。

一番値動きが激しい時間帯は 日本時間の20時~24時までが指標もあり、激しく動きます。
皆さんも参考にしてみてはいかがでしょうか。

次回は《テクニカル》《ファンだメンタル》について